【大学向け】新型コロナウイルス感染症予防の健康管理について

 緊急事態宣言が全面解除され、大学においても感染状況を踏まえながら、入構制限を段階的に緩和しています。しかしながら、新型コロナウイルスは未だ活動を弱めていません。
 そこで、感染予防のため、全ての人が「新しい生活様式」へと行動を変えていく必要があります。その基本は(1)十分な対人距離を確保すること (2)マスクを着用すること (3)手洗いを徹底することです。また、軽症の人であっても、他の人に感染を広げる可能性があるため、日々の健康管理は必須です。(下部健康チェック表をご利用ください。)外出前は自宅で必ず検温し、発熱、体調不良時は大学への登校や外出は控えてください。

自らを感染から守り、かつ自らが周囲に感染を拡大させないよう、各自が責任ある行動を心がけましょう!


健康チェック表(2020年7月)

「新しい生活様式」厚生労働省

ページの先頭へ